塗り薬による乳首黒ずみの治療

塗り薬による乳首黒ずみの治療

乳首黒ずみに悩む女性は意外と多い

自分の乳首の色が黒いことに悩む女性は意外と多いようです。まさか乳首が黒いということを友達などに相談することもできないので、どうしたら治るのか、誰でもそうなのかと、1人で悩んでしまったり、コンプレックスに思うあまり友達との旅行を避けるようになったりする人もいるようです。乳首黒ずみはメラニン色素の影響によって起こるものです。下着の刺激や子供の頃に浴びた紫外線など、生活環境も大きく関わっていると言われています。もしもあまりにも乳首の黒ずみが気になるようであれば、病院で治療をするという方法もあります。

 

恥ずかしがらずに病院で相談を

乳首の黒ずみを改善したいと思ったら、恥ずかしがらずに病院で相談してみましょう。病院と言っても主に治療をしてくれるのは美容整形外科になります。病院での治療の多くは美白成分を含んだハイドロキノンやトレチノインなどの塗り薬を使うものになります。保険適用外となるため、費用は30000円以上かかるところが多いようです。これらの医療機関で処方されるハイドロキノンクリームは、少し強すぎる成分のものが多いので、医師の指示に従って使うようにしましょう。成分が強いからと言ってクリームを塗ってすぐに効果が出るとは限りません。人によっては数か月かかることもあるので、焦らずじっくりと治療を続けていくようにしましょう。先ほどもお話ししたように、乳首黒ずみを治すための治療には保険が効きませんので、治療が長期にわたった場合は、思わぬ出費になることもあります。まずはどれぐらいの費用がかかるのかを調べてから治療を受けるようにしましょう。