乳首黒ずみの原因はメラニン色素

乳首黒ずみの原因はメラニン色素

乳首黒ずみとメラニン色素の関係

友達と温泉に行ったときや修学旅行でお風呂に入った時などに、自分の乳首が他の人と比べて黒いと感じたことはありませんか?中には乳首が黒いことをコンプレックスに思っている人もいるようです。乳首が黒くなる原因のひとつにメラニン色素があります。メラニン色素といえば、顔や手足が太陽の日差しを浴びた時に黒くなってしまう状態を思い浮かべますが、乳首にも同じような現象が起きているのです。乳首の色の濃さは、メラニン色素の量によって異なってくるため、白人は乳首の色が薄い人が多いのです。もともと持っているメラニン色素の量によって乳首の色が黒くなってしまう人もいますが、生活の中で更に濃くなるということもあります。顔や手足と同じように紫外線を浴びれば乳首も黒くなります。また、肌のターンオーバーが乱れて新陳代謝が低下するとメラニン色素が肌に沈着して乳首の黒ずみとなって現れてしまいます。

 

メラニン色素を減らして乳首の色を薄く

このようなことから、メラニン色素を減らすことで乳首の黒ずみを薄くすることが期待できます。有効なのは、作られたメラニン色素を皮膚から排出させる方法です。肌のターンオーバーが正しく働いていれば皮膚表面の古い角質やメラニン色素は剥がれ落ちていくものです。このターンオーバーが乱れて新陳代謝がうまくいかなくなると肌に色素が残って黒ずんでしまうというわけです。肌のターンオーバーは乱れた食生活や睡眠不足、ストレスを溜めこむと乱れやすくなります。生活習慣を見直して肌のターンオーバーを正しくし、新陳代謝を高めるようにしましょう。