刺激を減らして乳首黒ずみを改善しよう

刺激を減らして乳首黒ずみを改善しよう

乳首黒ずみを諦めていませんか?

自分の乳首が黒ずんでいることを悩みながらも「これは体質だから治らない」と諦めてしまっていませんか?でも、乳首が黒いのは決して体質ばかりが原因ではないのです。生まれた頃には乳首はきれいなピンク色なので生まれつきということはなく、その後の生活環境によって黒ずんできてしまうのです。もちろん、黒ずみやすい体質というものはありますが、黒ずみが治らないということはありません。正しいケアをしてあげれば。乳首はきれいなピンク色になるのです。

 

乳首黒ずみの原因は刺激によるもの

乳首が黒ずんでしまう原因のひとつに、刺激があります。たとえば子供の頃上半身裸で水遊びをしていたり、洋服がこすれたりしていると、メラニン色素や洋服の素材などの刺激によって乳首が黒ずんでしまうのです。このようなことが原因で黒ずんでいる場合は決して体質ではないので、きちんと対処すればピンク色に戻せる可能性があります。

 

ブラジャーのサイズはきちんと合うものを

乳首が黒ずむ原因の大きなものに、ブラジャーの刺激があります。ブラジャーのサイズが合わず、終始ブラジャーと乳首がこすれてしまうような状況にいると、その刺激によって乳首が黒ずんでしまいます。また、ガサガサとした素材のブラジャーや、レースや刺繍などの装飾が多いブラジャーも、時に乳首にあたってしまい刺激をもたらすことがあります。乳首の黒ずみを解消するためにも、ブラジャーはきちんとサイズに合ったもので、装飾の少ないものを選ぶようにしましょう。