乳首黒ずみは若くてもなる

乳首黒ずみは若くてもなる

乳首黒ずみは年齢に関係ない

若い頃の乳首はピンク色だと思っている人が意外に多いようですが、実はそれはまちがいなんです。乳首の色は年齢とは全く関係がありません。加齢によって乳首が黒くなるということはありますが、若い年代の人は絶対に乳首が黒くならないということはないのです。

 

乳首黒ずみの原因

若くても乳首が黒くなってしまうことにはいくつかの原因があります。まず、人種です。白人はメラニン色素による肌の色の変化が起こりにくいため、乳首の色が黒くなる人は少ないと言われています。これに比べて私達日本人は黄色人種なのでメラニン色素によって乳首の色が黒ずんでしまう人が多いのです。ただ、メラニン色素が原因で黒くなっている場合、年齢と共にメラニン色素も働きが弱まってくるので、乳首の色が薄くなる傾向にあります。また、肌のターンオーバーが乱れてしまうと、乳首黒ずみの原因になる場合があります。特に若い女性の場合はホルモンバランスが崩れたりして肌のターンオーバーが遅れてしまうことも多いものです。肌のターンオーバーが遅れると、顔と同じように乳首にも古い角質が残ってしまい、黒い色素が沈着してしまいます。肌のターンオーバーは、短すぎても長すぎても皮膚にいい影響を与えません。正しい食生活や規則正しい生活を心がけて、常に肌のターンオーバーが正しく行われるようにしましょう。ストレスを溜めることも肌に良くないので、できるだけ上手にストレス解消をするようにして、ゆったりとした気持ちで生活するようにしましょう。